VICE VERSA

香水、音楽、映画、育児・・・その他興味あること色々。 特に香水がメインのブログです。

2009年07月

開かないボトル

今日は久々有休をとってお休みしました。

髪もカットしてきましたよ??。
前回カットしたのが3か月前・・一体何カ月行ってないんだよ?状態ですが。

お休みの日はノーメイク、しかも髪もまとめずな投げやり状態な私ですが、ある日その姿を見た旦那様が


あーー 誰かに似てる。 ほら・・ほら・・芸能人の


ん?誰?ドキドキ大
芸能人って女優系?服それともアイドル系?リボン誰?????ドキドキ小

(早く思い出しなさいよ!)

あ!わかった この人!!!

スーパーイリュージョンショーでも極めるかな・・・

その一言で髪をカットしようと決めた次第です。




少し前までよく使っていた香り。

エルメス ケリーカレーシュ

img_0911111.bmp


最近、ちとピンク系の香水にドキドキ・・・。
いつ変色するかってね??
実は手持ちのエスカーダのセンティメントもなんとなく黄色っぽく変色してきたような気がするのよねー。
こっちはベビドールほど香りは壊れていませんでした。

で、話を戻してケリーカレーシュ。
このケリーカレーシュってエルメスのケリーバッグの金具をイメージして作られたボトルなんです。
届いてすぐに香りを確かめようとしたのだけれど、どーにもこーにもキャップが開かない。
引っ張っても金具をネジっても開かないんだもの・・・。


img_0926.bmp

悩ましきこのボトル・・・


そこで、どうしたもんかなあ?と悩み、もしかしてフラコンボトルのようにねじればいいのか?と思ったらなんと!スプレー口が上がってきました(笑)


img_0928.bmp


ほら、あのボトル。イザベラロッセリーニのマニフェスト。
あれと同じタイプです。

香りの方は、カレーシュと名前がつくだけにクラシック系?と思ったら、ピンク色のボトルからは想像もつかないほどさわやか系。
グリーン系の香りとお花の香りが見事に調和しているからか、あのグリーン独特なトゲトゲしさがない。
今の季節、とってもよろしくってよ???
レザーが入っていることは購入する前から知っていたけど、そんなに曲者でもないです。香りも濃くないから、結構付けても嫌味がないですね。
背筋がピンと伸びたような凛とした感があるのも、このレザーのお陰なのでしょうかね。

川村カオリさんのこと

皆さんすでにご存じだとは思いますが、乳がんを患って闘病されていた川村カオリさんが28日永眠されました。


私はカオリさんの曲といったら「ZOO」しか知らないけれど、最近よくテレビに出られているし、お顔はよく存じ上げていました。

ロシア人とのハーフだということだけで、小さいころは壮絶なイジメにあったそうです。
子どもって結構残酷で、他の子とちょっと違うだけでイジメのターゲットとなっちゃうんですよね。
それが少し太っていたり、ちょっと障害があったりすることで。
お母さんも乳がんで早くに亡くされたそうで、昔から苦労の多い方だったようです。


ご自身も乳がんを患い、それからメディアによく出てこられたのですが、カオリさんが言いたかったこと
「自分の身体は自分で守りましょう。マンモグラフィを受診しましょう」ということ。
乳がんは早期発見できちんと治療をすれば、きちんと治る病気です。
以前、私も異常が見つかった時に、本当に動揺し、神にも祈る気持ちでした。
幸い何事もなかったのですが、定期的に検査は受けておくべきだな、と肝に命じました。

お子さんも小さくって、まだまだお母さんにたくさん甘えたい盛りだろうに・・・
同じ子を持つ親として、それはとても無念だろうなぁと感じました。
カオリさんがメディアによく出られていた理由として、これは個人的な観点ですが、上記の理由の他に、自分がいなくなった時のために、我が子にいくらか(財産)残しておくためかな?とも思いました。
違うかもしれないけれど・・・
人によっては下衆な話かと思われるかもしれませんが、残された人、特に我が子のことは一番心配ですもん。

川村カオリさんのご冥福を心からお祈り申し上げます。

長年の謎6

実験は地道に行われています。
が・・・下手すると消費するのに1年かかんじゃないの?なーんて思ってます。


617b714f.jpg


でも長い間使っていると、妙に愛着出てくるんですよね。
これだけ毎日使って初めて香りが見えてくるような気もします。
グリーン系の香りっていいなぁ?と改めて思いました。

黒か白か

フォーーー!炎

と聞いたらマイケルジャクソンを思い出すのか、レイザーラモンHGを思い出すか。
年代によって違うのでしょうかね。

私はもちろんマイコーです。
80年代の洋楽はバリバリ聴いていたので、マイコー全盛期でした。
今の若い人たちは「整形好きな変人」としか思っていないでしょうが、当時(今も)は超・超・超ビッグアーティストでした。

私のイメージは、マイコーが陽 プリンスが陰 という感じ。
もちろん陰好きなので(笑)プリンスばっかり聴いていました。
小林克也のベストヒットUSAも親の目を盗んで毎週欠かさず見(ほら、夜遅くやってたから)、外国アーティストに憧れていましたなぁ。
そんなマイコーの中で一番好きな曲。
「ブラック or ホワイト 肌の色なんてどうでもいい」という人種差別についてのメッセージ色が強い曲ですが、あの整形した顔と肌色を見ていると歌っている本人が一番コンプレックスもってたんでしょうね。
この頃が一番かっこいいですね。整形しなくても充分かっこいいのに・・・


合掌




暑い日々が続きます。
この間久々さっぱりした香りを使おうかなぁ?と、ゴソゴソとマジョレーヌを出してきたところ
見事に変質していました。ノォ????!
やっぱりすっきりとしたシトラス系の香りって変質が早いっすね・・・
春先に使ったスプリングフィーバーも見事やられてたし。
なんというか爽やかな部分がぶっとばされて、ゴムとかプラスチックが焼けたような香りがほのかに混ざったような・・・なんて例えればいいのかな。
とにかくあんまりよろしくない香りへと変化しているんです。
それより前に買った香水はまだ無事なのにねー。保管状況にもよるのだろうけれど。
最新コメント
記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ