VICE VERSA

香水、音楽、映画、育児・・・その他興味あること色々。 特に香水がメインのブログです。

映画・ドラマ・テレビ

勇気のでる歌

この曲って~
忍たま乱太郎で使われている歌なんだけど、光GENJI時代から歌ってたのね~。知らなかったワ。
その次はHey!say!JUMP!、今はNYC。
元気が出てくる歌だよね~。
アイドルの曲は興味ないんだけど、この曲は好き。


にほんブログ村 香水・フレグランス



肉食系男子

前に「午前十時の映画祭」の話をしたのですが、その前にこちらも観ていました。

【中古】LD ストリート・オブ・ファイヤー【10P18May11】【画】
ストリート オブ ファイヤー

これ・・・タイトルは聞いた事あって、ロックな映画(笑)だという事は知ってたのですが

観る機会がなくて内容はよく知らなかったんですよね。

てっきりミュージカルかと勝手に思っていたけど、違ってた。

ロック歌手のエレンが、ストリートギャング“ボンバーズ”のボス、レイヴェンに拉致される。ダイナーを営む彼女のファンのリーバは、流れ者の弟トムに助けを求める。トムは、陸軍あがりの女兵士マッコイと共に、エレンを救い出す。

かつて恋仲だったトムとエレンの間に、ふたたび愛の炎が燃え上がる。一方その頃、レイヴェンはボンバーズを率いて、ダウンタウンを襲撃しようとしていた。(ウィキペディアより)


すごくシンプルなんですが、この通りのストーリーなんです。

音楽もファッションも、もろ80年代!
シャツは思いっきりパンツの中に入れちゃうよ~!
サスペンダーもしちゃうよ~!

そしてね、このトムがね、すっごく強いんだよねー。
町の不良たちをばったばったと倒していくのだ。

この映画、今の草食系男子に観ていただきたい。




ラスト付近でダイアン・レインが歌っていた曲があるのですが、この曲、ヤヌスの鏡の曲!?
いいシーンだったんですけどね(笑
ヤヌスの鏡が~~ 邪魔をする~~

ラストネタバレですが。

ステージで歌うエレンを客席からトムが見つめ、多分・・・後半でエレンがトムを見つめるんですよね。
目が合ってからトムは客席を離れ、また旅に出るというエンディング。
いいラストだったなあ。

こういう音楽がポイントとなっている映画って、映画館で観るといいなぁ~~。
アマデウスも観ておけばよかった。



ヤヌスの鏡といえば・・・杉浦幸が、何かのきっかけで不良メイクになって、人格も変わるというドラマだったはず。
大映ドラマってあり得ない展開が面白かったよね。

杉浦幸さん、確かその後パチンコ雑誌にコラム書いてませんでしたっけ?


にほんブログ村 香水・フレグランス



涙線ゆるみっぱなし

私の好きな映画の中の一つ、ニューシネマパラダイス。
この映画が好きだとあげる方って、結構いらっしゃるみたいです。本当、いい映画ですよね。

近くの映画館で「午前十時の映画祭」というのをやっていて、今週はニューシネマパラダイスの回だったので観てきました!

ニュー・シネマ・パラダイス【Blu-ray】
ニュー・シネマ・パラダイス【Blu-ray】


ストーリーは今さら説明するまでもないかもしれませんが、シチリア島の田舎町で暮らす少年トトと、映写技師のアルフレードとの話。
成長して映画監督となったトトが、アフルレードの逝去の知らせを聞いての回想シーンで物語が進展していきます。

ラスト近くの、アルフレードの葬儀シーンから涙線ゆるみっぱなし。
あの有名なラストシーンまで泣いてしまいました。
あぁー 年取りましたなあ・・・私。

でもニューシネマパラダイスが取り壊されるシーンでは、歴史ってこうやって作られていくんだなあって、ちょっとしみじみしてしまいました。
私が暮らす街でも、老舗のレコード店が近々閉店するんですよね・・・。
なんだか感傷深い気持ちで映画館を後にしました。
この映画が映画館で観られてよかった!

あ、この映画って155分もの長さの「完全オリジナル版」というのも存在するらしいです。
こちらではトトが初恋の女の子と再会し、不倫まで発展するというストーリーが練りこまれているそうです。
そっちは観たことないや。
このまま観ない方がいい気がする(笑


にほんブログ村 香水・フレグランス



愛のむきだし

すごい映画だと評判ばかりを聞いていたのですが、そのあまりの時間の長さに観るのを躊躇してた映画。

愛のむきだし 【DVD】
愛のむきだし 【DVD】


愛のむきだし 公式サイト

だって237分ですよぉ~  軽く4時間近く・・・。

DVDは2枚組。2日にわけて観る予定が一気に観てしまった。お陰で翌日は寝不足・・・(当たり前)
なんかもうね、4時間という長さなのに長さを感じないというか、次の展開が読めなくて気になってしかたなかった。
ハラハラする展開のストーリーの映画ってジェットコースタームービーっていうんですよね?まさにそんな感じ。

この4時間の中には、真実の愛・宗教・同性愛・虐待・家族愛・盗撮・無差別殺人・新興宗教・・・もう色んなものをたくさん盛り込み過ぎって感じ。
TVじゃ放映できないだろうなぁ・・・(笑)
映画って何でもありなんですね。

主役の2人、西島隆弘さん、満島ひかりさんの演技もすばらしかったけど、一番すごかった(というかぞっとした)のは、安藤サクラさん。
そんなに綺麗じゃないのに、シーンによって少女のようだったり悪魔のようだったり・・・ ものすごく表情が変わる女優さんですね。
この作品でファンになっちゃった。
奥田瑛二さんと安藤和津さんのお嬢さんです。


私の語学力ではこの映画の凄さは説明できないので、気になる方で時間が取れそうな方は一度ご覧になってみてください。

観た後に、ゆらゆら帝国の「空洞です」が頭の中でエンドレスリピートしたわー
くうどぅ~~~♪くうどぅ~~♪





にほんブログ村 香水・フレグランス


鉄男

tetu

最近、香水と全く関係ない話題ばかりでごめんなさいね~( ´_ゝ`)

「鉄男」
ハリウッドでリメイクされるということで観てみました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%89%84%E7%94%B7 ←ストーリー(ごめん、手抜きで)

あかん・・・この音楽が頭から離れない。
映像を観る限りでは、いつの時代の映画かわからない。
でも1989年の映画のようだ。
これはストーリーというより映像で楽しむ映画なのかなあ。
映像と音楽がとても合っていて、脳裏に焼き付いて離れない。

当時、こんなスゴイ映画があるなんて全く知らなかった。なんだか損した気分。
こりゃー映画「メトロポリス」を観た時以来の衝撃・・・。
ハリウッド版は観る気はないけれど、こちらオリジナルは観てよかった。観る機会があればぜひお薦めしたい。
映画にストーリー性を求める方は「はぁ!?」って思うかもしれないけど・・・・(笑

塚本晋也監督の他の作品も観てみたくなりました。

というわけで鉄男





にほんブログ村 香水・フレグランス





ゲゲゲの女房

NHKの朝の連続ドラマ「ゲゲゲの女房」が面白い。
久しくこの時間帯のドラマは見ていなかったのだけど、実家の父母が見ている時に一緒に見てたら面白くって!それから欠かさず見るようにしています。

漫画家:水木しげるさんの奥さんが書かれた本が原作みたいなのですが、売れるまでの極貧生活がすごくてねえ。不器用ながらも漫画を一生懸命描く旦那さんと、それを支える奥さんとの生活がドラマとなっています。でも貧乏でも悲惨さはないのよね。
詐欺師まがいの役の杉浦太陽、あのキツネっぽい顔がはまり役(笑

今までお昼休みは自宅に帰っていたのですが(近いから)、12時45分スタートのこのドラマ見るためにお弁当を作って社内で過ごしています。
家に帰ると食後についついお菓子を食べてしまう事が多かったけれど、お弁当生活にしてからはそれもなし!
数字に表れるといいんだけど。



にほんブログ村 香水・フレグランス




出演時間は2:50 じゃないけど

この試合見てたのに、全く気が付かなかった・・・悔しい??!




客席に金色のエガちゃん。

お休み中に観た映画1

733e2343.jpg
「グミ・チョコレート・パイン」。
大槻ケンヂの半自叙伝小説を基にケラリーノサンドロヴィッチが手がけた映画。
タイトルの意味、何かな??と思っていました。
じゃんけんをして、グーならグミの2歩、チョキならチョコレートの6歩、パーならパインの3歩進む、という例の遊び。
詳しいことは映画で・・・(笑)
私が住んでいる地域では「グリコ・チョコレート・パイナップル」でした。
皆さんのお住まいの地域では?

舞台は2007年。39歳になる「ボク」は、リストラに遭い故郷の実家に帰った。
その時、高校時代好きだった女の子からの手紙が届いていたことを知る。
その手紙には「あなたのせいなのだから」の一言。
手紙の主は1年前に自殺していた。その手紙の意味は・・・。

人とは違った音楽が好きで、「自分は人とは違うのだ」と思っていた青春時代を送っていた人には心にズキッとくるのでは(私もその一人でーす)
ケラが監督・脚本を手がけていたことを知り「絶対観たい!」と思った1本。
犬山イヌコやみのすけ、主題歌は電気グルーヴとくると、「うっへ?!ナゴム!」と思ってしまった方いませんか??
知っている人が見たらなるほどと思うキャスティング。
他にも竹中直人や内田春菊(どこに出てた?)、甲本雅裕(ご存知 甲本ヒロトの弟)などなど。
主役の男の子、石田卓也君はこの映画の為に10キロ増量して挑んだそうです。
プロ根性を感じる・・・
そしてこの映画、要所要所にやはり笑ってしまう爆弾が仕掛けてあり、笑ったなぁ??。

主人公の高校時代は、私が送った時代と近いものがあり、女の子のヘアスタイル(いわゆる聖子ちゃんカットですね)や好きなアイドル、そして手紙の折り方など「ツボ」を押さえてあったのも共感を得ました。
結構あっという間に観れた映画。 ケラの映画、また観たいよ?!


フレグランスリスト追加しました
バラC?コスモポリタン「ゴーストシアーサマー」
バラD?ディプティック「オフレジア」
バラS?サラジェシカパーカー「コヴェット」
バラW?ウッズオブウインザー「ミモザ」
最新コメント
記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ